スピン・エレクトロニクスグループ
テーマスライド

ナノ構造磁性材料や磁気現象などのスピン工学分野を中核にして、光や高周波電磁界、超音波や熱、電子伝導などとの協調現象を巧みに利用した基礎から応用にわたる研究を行っています。

研究室の紹介

 豊橋技術科学大学 電気・電子工学系 先端スピン・エレクトロニクス研究室(井上研究室)では、ナノ構造磁性材料や磁気現象などのスピン工学(マグネティックス)分野を中核にして、光や高周波電磁界、超音波や熱、電子伝導など、との協調現象を巧みに利用した基礎から応用にわたる研究を行っています。

 よいシステムにはよいデバイスが、よいデバイスにはよい材料が必要との視点から、材料開発からデバイス・システム応用の広い範囲のオリジナリティあふれる研究を行っています。これまでに、世界最高速度で動作する固体空間光変調器の開発に成功し民間企業で実用化されました。また、ホログラムを用いた超高密度メモリの開発では、連続回転する光ディスクにホログラムの記録再生に世界で初めて成功しました。この光ディスクメモリは、ECMAで国際標準として採択されています。

 磁性フォトニック結晶の高い機能性を利用した新しい空間光位相変調器や3次元ディスプレイ、超高速空間光変調器を用いた光コレレータシステム、磁気波を用いたGHz帯機能性デバイスなど新しい研究テーマも稼働し、世界的にも注目されています。

 本研究室は、先端フォトニック情報メモリリサーチセンター(センター長:井上光輝)とも密に連携して、我が国ではめずらしいくし型産学連携と国際的な研究開発拠点形成を推進しています。この産学連携を基盤に、独創性あふれる世界初の科学技術に果敢にチャレンジすることで、世界の人々にやさしい安心・安全な社会の実現を目指しています。