スピン・エレクトロニクスグループ
マグノニクス

ナノ構造磁性材料や磁気現象などのスピン工学分野を中核にして、光や高周波電磁界、超音波や熱、電子伝導などとの協調現象を巧みに利用した基礎から応用にわたる研究を行っています。

2次元磁性フォトニック結晶

 2軸方向に周期的に屈折率の異なる材料を配置した構造物は 2次元フォトニック結晶(2D PC)と呼ばれています。 2次元フォトニック結晶には取り込んだ光を外に出さないと いう特徴(光閉じ込め効果)があります。周期構造に面欠陥 を導入することで任意部分に光を閉じ込めることが可能です。 そして、光を閉じ込めるだけでなく任意の方向へと導く光導波路としても利用可能です。 光導波路は鋭角に光を導波させることが予測されており 数umという微小なエリアで光の進行方向を変化させることができることから、 微小光集積回路の実現に向けて大きな役割を果たすと考えられています。 我々は磁性体を用いた2次元磁性フォトニック結晶を作成しています。 2次元磁性フォトニック結晶によって

  • 磁界制御光サーキュレーター(光の進行方向を制御する)
  • 磁界制御光スイッチ

 我々は2次元フォトニック結晶を電子線リソグラフィ装置を用いてパターンを作製し(Fig. 1)、 エッチングを行い作成しています。

Fig.1 電子線リソグラフィ装置を用いて作製したナノメートルサイズの円柱を上から見た写真